資料請求

本学院
コンセプトページ

本学院について

教育理念

「真・善・美」の全人教育を基盤として、「生命の尊さ」への深い理解と「人間愛」を育み、豊かな知性、感性、強い意志のある人間を形成し、専門職業人としての誇りと向上心を培う。「知行合一」の精神で現代社会や保健・医療・福祉をめぐる環境の変化に対応し、社会に貢献できる有能な人材を育成する。

教育目的

教育の理念に基づき、「ひと」として豊かな教養と人間性を養い、医療・福祉における専門職として兼ね備えるべき知識・技術を習得するとともに、主体的な学習、深い洞察力とたゆまぬ探究心に基づく行動や問題解決ができる前途有為の専門職業人を育成することを目的とする。

教育目標

  • (1) 医療・福祉における専門職としての知識、技術を常に主体的に深める態度を身につけます。
  • (2) チーム医療および福祉の一翼を担う専門職として、果たすべき役割と責任を自覚し、協調する態度を身につけます。
  • (3) 専門職として、その科学を推進するため常に研究する態度を身につけます。
  • (4) 専門職としての職業倫理のみならず、「ひと」としての倫理観を高める態度を身につけます。
  • (5) 障がいを有する方々や高齢者などへの理解を深め、「ひと」への豊かな感性を養い人格を尊重するとともに触れ合いを大切にします。
  • (6) 社会人として健全な生活態度と習慣を身につけるとともに、他者および地域社会に対して利他的行動がとれるように努めます。

教育の特長

01.就職に強い
専門性の高い学習カリキュラムにより、本学院卒業生の就職先からの評価は高く、就職率は100%を誇ります。充実した実習施設と、定期的に開催される就職説明会、担当教員及び職員によるきめ細やかな進路指導が実績を支えます。
02.国家資格に強い
入学から卒業まで綿密に計画された国家試験対策の実施により、開校以来、国家試験合格率は全国平均を常に上回っています。

03.質の高い教育
本学院では経験豊かな専任教員を始め、多くの卒業生が非常勤講師として熱心に教授します。また琉球大学をはじめ、各分野の専門の講師による、講義や実習が受けられます。
04.チームで学ぶ
本学院はリハビリテーション、福祉、看護(併設)を目指す学生が同じ校舎で共に学びます。在学中から5職種のつながりができ、チーム医療に役立ちます。
05.充実した学生支援

大浜第一病院を母体とするおもと会グループの本学院では臨床現場と教育現場が連携しています。その為、最新の知識・技術が学べ、即戦力が身につきます。また、おもと会 こころと体のヘルスケアセンターの専門スタッフによるカウンセリングを無料で利用でき、安心して勉学に励むことが出来ます。

ごあいさつ

理事長
石井 和博

Kazuhiro Ishii

理事長あいさつ
私ども「おもと会」が、医療法人おもと会沖縄リハビリテーション福祉学院を設立し、28年目を迎えることとなりました。
今日までの、関係者各位の温かいご指導とご援助に、深く感謝申し上げます。
「教育は人なり」といいます。本学院の優秀な専任教員に加え、琉球大学をはじめ各分野の専門家を講師にお迎えしています。開設以来、国家試験合格率は各学科とも全国平均合格率以上の成績を残し、県内外の医療福祉の現場に多くの人材を提供してきました。さらに、日進月歩の医学・医術及び医療・福祉の知識と技術を習得し、地域社会に貢献する人材を育成します。
希望と情熱を秘めた若人の入学を、心から期待しております。
学院長
瀧下 修一

Shuichi Takishita

学院長あいさつ
医療・保健・福祉の分野は、多くの職種の人たちが共同して働いています。
卒業後は「障がいを持つ人たちの心身の機能・能力の回復、あるいは獲得のお手伝いをしたり、その人らしい日常生活が送れるよう援助する」仕事に就くことになります。
対象となる方の社会参入への第一歩を促し、また、尊厳をもって生きるための支援ができる素晴らしい仕事だと思います。
信頼関係を築くことの重要性を学び、「喜びを共感することの素晴らしさを実感できる。」 そんな現場で活躍してみませんか。
副学院長
溝田 康司

Kouji Mizota

副学院長あいさつ
リハビリテーション・介護領域は、今や分野を問わず社会のニーズに柔軟に対応できる人材が必要となりつつあります。医療・保健・福祉を中心として私たちの職域は無限にその可能性があると確信しています。
本学には、大学院に進学し、博士の学位を取り大学で教鞭をとる卒業生や、デイサービス等を起業し福祉分野で活躍する卒業生、健康産業分野で活躍する卒業生もいます。
リハビリテーションや介護に必要な基本的な知識と技術を学び、多様性を受け入れ、色々な職種と協同し新しい分野に挑戦したい若者が、一人でも多く本学の門をくぐることを期しています。
教務部長
久高 将臣

Masatomi Kudaka

教務部長あいさつ
リハビリテーションの理念は「全人間的復権」です。リハビリテーション活動は「障がいを持つ方々が自分らしく、充実した生活を送れるよう支援する活動」であり、とても”やりがい”のある仕事です。
当学院ではリハビリテーション活動を支援する 保健・医療・福祉の「プロ」を育成しております。そのために「真・善・美」の全人教育を行い、当学院で学んだ知識と知識を活かし「知行合一」の精神で生活を支援できる人材育成を心掛けております。
わたしたちは皆さんの思い「プロになりたい!」を全力で支援します。

沿革

平成2年4月1日
沖縄リハビリテーション学院が理学療法士養成施設(理学療法学科定員20名)として厚生大臣の指定を受ける
平成2年4月14日
竣工式並びに入学式を挙行
平成3年3月19日
沖縄リハビリテーション学院が専修学校として県知事より認可される
平成3年3月20日
沖縄医療福祉技術専門学院が介護福祉士養成施設(介護福祉学科定員40名)として厚生大臣の指定を受ける
平成4年3月25日
沖縄リハビリテーション学院の設置学科に介護福祉学科が追加される
平成4年4月1日
沖縄リハビリテーション学院理学療法学科定員変更の申請が厚生大臣より承認される
平成4年4月1日
沖縄リハビリテーション学院、沖縄医療福祉技術専門学院が統合され、名称を沖縄リハビリテーション福祉学院に改称。設置学科を理学療法学科、介護福祉学科とする
平成5年4月1日
作業療法士養成施設(作業療法学科定員30名)として厚生大臣の指定を受ける
平成15年4月1日
理学療法士養成施設(理学療法学科夜間部定員40名)、作業療法士養成施設(作業療法学科夜間部定員30名)として厚生労働大臣の指定を受ける
平成17年4月1日
言語聴覚士養成施設(言語聴覚学科定員30名)として厚生労働大臣の指定を受ける