資料請求

作業療法学科の臨床実習

臨床実習写真

作業療法分野の特性である身障部門と
精神部門の2つの分野を
経験する実習を実践しています。

作業療法学科では、短期の実習を含め、病院やクリニックを中心とした
身体障がい者に対する実習に加え、精神科における実習を行います。
こころと身体への介入が可能なのは、
そのノウハウをもつ作業療法士の大きな魅力です。
実習では学生の学びを促すために、実習訪問を行いながら
実習指導者と連携し、実習指導を行います。

県内外合わせて
70以上の実習施設

沖縄県内の主な施設
  • ・天久台病院
  • ・新垣病院
  • ・いずみ病院
  • ・糸満晴明病院
  • ・浦添総合病院
  • ・嬉野が丘サマリヤ人病院
  • ・大浜第一病院
  • ・大浜第二病院
  • ・沖縄協同病院
  • ・沖縄県立精和病院
  • ・沖縄県立中部病院
  • ・沖縄赤十字病院
  • ・沖縄第一病院

※その他 施設多数

沖縄県外の主な施設
  • ・石和温泉病院(山梨)
  • ・今給黎総合病院(鹿児島)
  • ・呉やけやま病院(広島)
  • ・駒木野病院(東京)
  • ・聖隷浜松病院(静岡)
  • ・富士温泉病院(山梨)
  • ・山梨リハビリテーション病院(山梨)

※その他 施設多数

実習スケジュール

昼間部・夜間部実習スケジュール
短期実習Ⅰ

2週間

昼間部2年次 | 9月

夜間部3年次 | 10月

(1)対象患者を総合的に把握するために必要な情報収集及び観察・面接・検査測定といった評価方法の考え方と実践力を高める。 (2)対象患者の問題点を把握したうえで目標を設定し、治療プログラムを作成する能力を養う。 (3)評価・治療プログラムなどについて正確性・客観性にもとづいた記録および報告する力を養う。 (4)医療従者としての人間関係や専門職としての資質の向上を図る。

短期実習Ⅱ

2週間

昼間部2年次 | 2月

夜間部3年次 | 2月

(1)対象患者を総合的に把握するために必要な情報収集及び観察・面接・検査測定といった評価方法の考え方と実践力を高める。 (2)対象患者の問題点を把握したうえで目標を設定し、治療プログラムを作成する能力を養う。 (3)評価・治療プログラムなどについて正確性・客観性にもとづいた記録および報告する力を養う。 (4)医療従者としての人間関係や専門職としての資質の向上を図る。

総合臨床実習

9週間×2回

昼間部3年次 | 5〜9月

夜間部4年次 | 5〜9月

(1)臨床実習指導者の指導のもと患者の評価、治療計画の立案、具体的治療の実施、記録・報告の一連の業務の流れを経験する。 (2)総合リハビリテーションサービスの中で作業療法の意義を考え、役割などを学ぶ。 (3)病院の組織の中でリハビリテーション部や作業療法部の管理・運営業務を学ぶ。 (4)専門職としての作業療法士としての資質を養い、医療人としての責任及び科学的思考を身につける。

REPORT

実習体験後記

自分の課題や未熟さを
知ることができた実習期間

我如古 志久磨さん

普段の授業で知識・技術を得る、先生や仲間たちとの学びと、実際に患者様と接する実習での学びは全てが別ものでした。実習前、実習中、実習後と様々な方々の助言や応援をいただきながら学ぶことができ、実際に患者さんと接することで気づけた自分の課題や未熟さを知ることが、今後の成長するための大きな糧となりました。

我如古 志久磨さん糸満高校出身

この職業を目指して良かったと
思えた臨床実習

荷川取音那さん

私は実習で本当に多くのことが学び、嬉しい経験もさせていただきました。実習当初に出会った歩くことが困難な患者様が、実習最終日に歩けるようになった姿をみせてくれた時は、本当に嬉しかったです。その患者様に「ありがとう」のお言葉をいただいた時、私は本当にこの職業を目指すことを選んで良かったと思いました。

伊佐 華音さん具志川高校出身