資料請求

言語聴覚学科の臨床実習

臨床実習写真

言語聴覚学科の実習は3段階に分かれて、
病院だけでなく療育センターやことばの教室、
訪問看護ステーションなどでも実施しています。

言語聴覚学科における実習の特徴は、子どもから高齢者まで
幅広い領域で実施される点にあります。
障がいの種類や程度に応じた、話す力・聞く力、
食べる力や、飲み込む力など、人のもっとも重要な、
コミュニケーションや飲食に関わる
さまざまな問題について、臨床実習指導者と教員の連携による
指導を受けながら、臨床現場の中で評価・治療を経験していきます。

県内外合わせて
130以上の実習施設

沖縄県内の主な施設
  • ・浦添総合病院
  • ・大浜第一病院
  • ・大浜第二病院
  • ・沖縄協同病院
  • ・沖縄第一病院
  • ・沖縄中部療育医療センター
  • ・宜野湾記念病院
  • ・沖縄リハビリテーションセンター病院
  • ・大道中央病院
  • ・勝山病院
  • ・介護老人保健施設 池田苑
  • ・デイサービス くばの葉
  • ・とよみ生協病院
  • ・名護市幼児ことばの教室
  • ・南部病院
  • ・沖縄県立南部医療センター
  • ・こども医療センター

※その他 施設多数

沖縄県外の主な施設
  • ・イムス板橋リハビリテーション病院(東京)
  • ・香川こだま学園(香川)
  • ・春日居サイバーナイフ・リハビリ病院(山梨)
  • ・亀田ファミリークリニック館山(千葉)
  • ・竹の塚脳神経リハビリテーション病院(東京)
  • ・奈良県総合リハビリテーションセンター(奈良)
  • ・藤田医科大学病院(愛知)

※その他 施設多数

実習スケジュール

昼間部・夜間部実習スケジュール
関連施設見学

1週間

昼間部1年次 | 8月

基礎的な介護技術に触れ、また多職種の存在を知る。地域で働く言語聴覚士の業務を知り専門職としての意識を高め、就職後の自己をイメージし、学習の一助とする。

見学実習

2日間

昼間部1年次 | 2月

言語聴覚士の1日の業務を見学することで、一連の業務の流れを知り、また、管理や運営、責任などを見学することで、職務における言語聴覚士の役割と他職種とのコミュニケーションや連携について学ぶ。

評価実習

2週間

昼間部2年次 | 2月

見学実習を通して学んだことに加え、臨床現場を体験し、その役割について再度学ぶ。また、学内で学んだ言語聴覚学の知識を応用し、言語病理学的評価・診断を行う。さらに、言語聴覚療法の治療計画立案を行う。

総合臨床実習

1期:8週間 / 2期:4週間

昼間部3年次 | 5〜9月

言語聴覚士の日常業務全般を理解する。また、施設及び他の職種業務も併せて見学し、理解を深める。そのうえで、症例を担当し、評価・治療の一部を経験、最終的に症例報告書を作成し報告・発表を行う。

REPORT

実習体験後記

実習前はとにかく不安でしたが
多くの助けで乗り越えました

平良 成希さん

実習に行く前の私は、自分が担当する患者様に対して適切な対応ができるのか不安ばかりでした。実習が始まると実習指導者の先生がとても丁寧に助言、指導をしてくださり、実習期間で多くの学びを得ることができました。また実習を通して、この職業についてより深く知ることができ、勉学に励む気持ちが高くなりました。

平良 成希さん西原高校出身

結果には必ず人との繋がりが
あることを知りました

喜友名 周さん

実習で学んだことは人と人との繋がり、そして判断、行動、結果という繋がりです。一人の患者様に対して多く職員が関わるということ、また学校での座学とは違って、臨床現場では、一つひとつの判断や行動が全ての結果に繋がっていることを実感しました。責任感を養うには、多くの知識・経験が必要であると知りました。

喜友名 周さん北谷高校出身