介護福祉インタビュー

在校生

先生方がとても熱い!

比嘉 緩奈(20) 前原高校出身
好きな授業/介護の基本・障害の理解
認知症の理解
  • この職業をめざしたきっかけは?
    私が進路に悩む高校生の時、「介護の仕事は面白いよ」と母に言われました。また、私は誰かのために何かしたいと考えていたことから介護に興味をもち、介護福祉士を目指しました。
  • おもと会のココがいい!
    先生方がとても熱い方ばかりで、真剣に時に楽しく介護福祉について教えてくれます。また、先輩との交流も多く、実習などで悩んだ時に相談したりアドバイスをもらうこともでき、とても環境が良いです。
  • 今後の目標は?
    介護は人と接することがとても多い職業なので、コミュニケーションが重要になります。私は人と接することが苦手なのですが、実習等で多くの方に積極的に関わっていき、苦手を克服するのが今後の目標です。
  • おもと会を目指す後輩へのアドバイス
    勉強すればするほど、自分がなりたいと思う職業について面白さややりがいがわかってくると思います。これからも勉強、実習と大変になると思いますが、その分楽しい事もあるので一緒に学院生活を満喫しましょう!

卒業生

自分に足りなかったものを気付かせてくれる場所

寳榮 みゆき(22) 小禄高校出身
介護福祉学科 介護2年目
就職先:大浜第二病院
  • この職業を選んだきっかけは?
    看護の道を目指していたのですが、たまたま沖リハのパンフを見た時、看護以外にも人を支える仕事が福祉にもあるということを知りました。数多くある福祉分野の中でも、「介護福祉士の存在が重要である」こと、「2年間で資格を得ることができる」こと、「介護福祉士独自の奨学金がある」ことを知り、介護の道を選びました。
  • おもと会のココがいい!
    専門的な知識と経験を持つ先生方の熱い講義!様々な施設で内容の濃い実習ができる!行事が多く沢山の想い出を作ることができる!夢に向かって共に頑張る仲間の存在が刺激となって自分自身を成長させる!
  • 現場で感じること
    医療と福祉が連携している病院での勤務は毎日が刺激的で、質の良いサービスを提供するには各専門職との関わりが重要だと感じています。また、卒業生が沢山いるので、とても心強く、学びながら安心して働ける環境が整ってます。
  • 今後の目標は?
    2年目からは1人の介護福祉士として自立し、学院で学んだ基礎を忘れずに、勉強会や仕事を通して、さらに知識や技術を向上させていきたいです。
  • おもと会を目指す後輩へのアドバイス
    学院先生・クラスメイトとの出会いは、知識や技術の習得だけでなく、人との関わりの中で様々な視点で物事を考える力や、自分に足りなかったものを気付かせてくれる場所になると思います。この学院で新たな自分に気付きを作りませんか?
COPYRIGHT (C) 2007 Okinawa Collage of Rehabilitation and Welfare ALL RIGHTS RESERVED.