資料請求

患者様第一に考え心に寄り添える理学療法士になるために

嘉数 拓海Takumi Kakazu

沖縄リハビリテーション福祉学院
理学療法学科 在籍

  • チーム医療に大切な協調性を築きあげていきたいと思います
    私は中学生の頃から医療系の分野に就きたいと考えていました。その理由の1つは、父がヘルニアを患っており知識や技術がないと状態を悪化させたり、効果のない結果となることを知ったことや、高校2年の時にはじめての骨折しまして、リハビリを通して担当の理学療法士さんからアドバイスを受け不安なく、前向きに頑張ることが出来ました。このような経験から理学療法士を目指そうと思いました。
    沖縄リハビリテーション福祉学院へ入学後は、やはり難しい勉強内容ばかりでしたが、熱心な先生方が、わかりやすくマンツーマンで教えてくれたり、とても明るいクラスメイトたちと一緒になってわからないところを教え合ったり、みんなで工夫して勉強することで楽しく勉強できています。今でも勉強の不安はありますが同じ夢を目指す仲間たちと切磋琢磨し、乗り越えて行っています。
    今後は、理学療法士になるという目標のために、日々の勉強で知識や技術を身につけていき、実習では実際に患者様と接する事で目指す理学療法士像に近づけるよう頑張っていきます。他にも、学院生活の中で友達や先生方、先輩方など多くの方と関わっていきチーム医療に大切な協調性を築きあげていきたいと思います。