沖縄リハビリテーション福祉学院公式Youtubeチャンネル

オンラインへの
取り組み
オープン
キャンパス
資料請求 入試情報
・合格発表

視野の広い患者さんに寄り添える言語聴覚士になりたい

比嘉 望Higa Nozomu

沖縄リハビリテーション福祉学院
言語聴覚学科 在籍

  • 言語聴覚学科は1年生から実習も多くとても楽しく、充実した学校生活を送ることが出来ます
    私が言語聴覚士を目指した理由は、私には知的障害の兄がいたこともあり、将来は障害のある方と関わっていけるような仕事をしたいと考えていました。
    そんな時に、障害のある方をサポートできる仕事を色々と探していたところ言語聴覚士という職業を知りました。これから高齢社会が加速していく中で人数が足りていないことを知りました。そこで、私が言語聴覚士になってもう1度話す喜びを多くの人に知ってもらいたいと思い、言語聴覚士を目指しました。
    入学前は、勉強が難しくテストに追われる毎日だと思っていました。しかし、きちんと授業を受けていれば、自分の趣味やバイトなどの時間も作ることが出来きましたし、日々の目標を計画し、実行するという一連の計画性を身につけることが出来るようになったと思います。
    また私には、憧れる言語聴覚士さんがいます。その言語聴覚士さんは、患者さんのリハビリだけではなく、患者さんの家族や周囲の環境、他部署との連携など、リハビリ以外の様々なことにも目を向けて色々な角度からアプローチして患者さんの状態をいたわり、少しでもよくなってほしいとう姿勢を感じましたし、その姿を見た時に、これこそが私の目指すべき言語聴覚士像だと実感しましたので、将来はその言語聴覚士さんのような視野の広い患者さんに寄り添える言語聴覚士になりたいと思いました。