資料請求

リハビリが『楽しい遊びの場』と感じられるリハビリを提供できる理学療法士になります

外間 裕里江Yurie Hokama

沖縄リハビリテーション福祉学院
理学療法学科 在籍

  • 理学療法士の資格取得へむけて、クラスメイト同士高め合っていく環境が整っていると感じました
    沖縄リハビリテーション福祉学院 理学療法学科へ入学するきっかけは、大学時代に怪我をした際に、担当してくださった理学療法士さんが目標達成まで真剣に向き合ってくれた姿勢が素敵で、リハビリに関わりたいと思うようになりましたし、怪我を理由に引退や夢を諦めた仲間の力になりたい、また大学で得た知識の幅を広げたいと思い、理学療法士の道を選びました。入学当初は社会人入学ということもあり講義についていけるか不安がありましたが、大学医学部や病院の教授を始めとする外部講師や実績を持つ学院の先生方から、質の高い講義を受けられる上に質問や疑問点に対して納得がいくまで解説していただけます。また、クラスの雰囲気も良く現役生と共に教え合あうことが出来るので、理学療法士資格取得へ向け互いに高め合っていく環境が整っていると感じました。
    将来は、持っている資格を活かして『教育』現場で活躍することの出来る理学療法士になりたいと思っています。子ども達の持つ可能性は無限大だと思います。子供たちがその子らしく、のびのびと生活を送れるように支援を行い、子ども達の回復力を最大限に生かせるお手伝いをしたいと考えています。